All Hands In

Our business

Connecting humanity
with a recycling-oriented
sales business.

About Live Your Colour® (LYC) 

誰もが社会貢献できる販売事業を。

「1足=1食」を柱に掲げて、日常のなかで“社会貢献”が溢れている世の中を目指し、

誰しもが購買行動をするだけで社会問題に対して貢献できる循環型販売事業を行っています。

LYC主力の靴下ブランドTabbisocks

~靴下購入でこども食堂を応援してみませんか?~

tabbisockskodomoshokudo.jpg

「1足1食」

LYCが独自に展開する靴下ブランドTabbisocksでは、靴下1足ご購入につき1食(150円)が、NPO法人むすびえを通して、こども食堂に寄付されます。

さぁ、あなたの“買う”という行動の先にある子供たちの笑顔を想像してみてください。

オンラインショップはこちら
 

これまでの社会貢献実績

LYCでは独自のファッションブランドを立ち上げ、さまざまなNPO団体とパートナーシップを組んでいます。

こちらでは米国において私たちがこれまで取り組んできた社会貢献活動の足跡をご紹介。

~Replant Pairs Project
(リプラントペアーズ・プロジェクト)~

植林しているNPO団体3社とのパートナーシップで、靴下ご購入1足につき1本の植林を実現する「Replant Pairs Project(リプラントペアーズ・プロジェクト)」。そこから誕生したブランド「Replant Pairs」では米国市場において、2022年11月の販売開始以来、2022年9月末日までに“4,524足販売=4,524本植林という社会貢献実績をあげています。

 

プロジェクトおよびブランド名の由来は「Replant =植林」と「Pairs=足」をかけたシンプルなもの。

シンプルな行動の先には、社会貢献が待っています。

パートナーNPO団体

Replant Pairs ウェブサイトこちら
米国販売オンラインショップサイトはこちら

Planting a Tree
QS copy.png

~Quauter Sock Project
(クオーターソック•プロジェクト)

LYCが全ての靴下ブランドを通して、独自に展開する「Quauter Sock Project」。

前年の販売足数をもとに1足のご購入につき25セントを、文化教育が行われている学校や団体に寄付する活動です。

今年(2022年)の寄付予定額は、昨年(2021年)の販売足数から集計し6,000ドル。

 

私たちは、社会の重要な課題である“教育”にもアプローチし、未来を育てます。

寄付実績は以下の通りです。


<寄付実績(靴下の寄付も行っています)>

2020年:

Portland Rescue Mission へ靴下10,000($150,000)

寄付


2021年:

Portland Rescue Mission へ靴下10,580($158,700)

寄付

Japan Bowl Pacific North West$500寄付
Richmond Elementary School$1,000寄付
Mitch Charter School $1,000寄付
Arco Iris Spanish Immersion School $1,000寄付

代表からのご挨拶

maarlie.jpg

社会貢献が“自然にできる”輪を紡ぎたい。

 

LYCでは2006年からアメリカにて、日本製靴下を世界中へ販売する事業を展開しています。

“販売事業を通して社会貢献をする”というコンセプトのもと、売上の一部を社会に対して寄付する仕組みを構築し、これまで世界中の多くのお客様にご利用頂きました。

 

この事業はもともと私、代表和田がアメリカでの日常生活で感じた“感動”から生まれたものです。

誰もが日常のなかで、なんの疑問もなく自然に社会貢献できる仕組みが整っているアメリカ。例えば、スーパーマーケットでの会計時にFood Bank(生活困窮者などに配給する団体)への寄付をするか聞かれたり、ペットショップではアニマルシェルターへの寄付をするか聞かれたり。

最近では、売上の一部が自然保護の団体に寄付される仕組みになっている商品も多く登場しています。アメリカでは日常生活のなかに“社会貢献”が溢れているのです。

 

そしてこの輪を広げるべく、逆輸入のような形で日本でも事業を展開させて頂くことになりました。日本国内でも高齢化・少子化をはじめ、何かと話題になる社会問題。私たちはまず、LYC主力の靴下ブランドTabbisocksから「1足=1食」を掲げ、これらの社会問題に対して貢献できる循環型販売事業を展開いたします。

 

また、あえて“逆輸入”というワードを使用したのは、日本の職人が手がけた高品質な靴下を、日本の皆さまへお届けすることで「日本製の素晴らしさを再認識してほしい」という想いからです。

 

私たちはこの日本製靴下販売事業で、社会と人々に“笑顔”を届けます。

是非、皆さまには日本の素晴らしい職人技を改めて味わって頂き、同時に社会貢献の輪を広げて頂けたら嬉しい限りです。



代表 和田まあり
 

History

2002年
個人事業にて、アパレル販売業をスタート。(日本向けへ輸出販売)
2004年9月
カリフォルニア州サンタクララ市(シリコンバレー)において、「Live Your Colour Inc. 」設立。
2006年10月
靴下の販売開始。
ベイエリアにある靴下専門店や靴屋への訪問を経て、受注を実現。
2007年2月
サンフランシスコのギフトショーにて、初の靴下展示会を開催。
2007年〜2011年
サンフランシスコ・ロサンゼルス・アトランタ・ニューヨーク・ラスベガスにて展示会を行い、
2,500店舗(社)以上と取引を行う。
2017年
B2BプラットフォームAkindon(アキンドン) リリースする。

2018年10月

靴下の取引先の多くを占めていたオレゴン州ポートランドに支店を設立。

2020年4月

コロナ禍でマスク販売を開始。スーパーマーケット150店舗へ流通し、販路を拡大。

2022年10月
リブユアカラー合同会社を設立。

News

Providing the transmission and evolution of community and Japanese tradition